トーキングマラソンの口コミ、受講の効果、続くのか、退会方法などまとめ

トーキングマラソン(TALKING Marathon)はTOEIC600点以上で英語の基礎を理解している人向けの英会話トレーニング教材です。 英会話教材の老舗のアルクが運営しています。

短時間で気軽に英会話練習ができると、英会話初心者の方に人気があります。

アプリに登場するキャラクターと会話する形式で、その発音を iPhoneのSiriやアレクサのような音声認識技術を使ってチェックしてくれます。

1回5分で簡単レッスン

トーキングマラソンは1回のレッスンが5分に設定されています。

5分で日常で使えるフレーズを学べるのでお手軽に取り組むことができます。

レッスンが短いだけではありません。短時間で効率よく学習できるように工夫して作られています。

基本の学習サイクルはこんな感じです。

  1.  RUN:基本は話すこと!
  2.  WORK OUT:間違えたところを反復練習!
  3.  RUN AGAIN:会話に再チャレンジ!音声認識で判定

これをひたすら繰り返していくことによって確実に表現をマスターできます。

オンライン英会話が利用できる!

トーキングマラソンでは月に1回、本番の英会話のチケットがもらえます。これで1回25分のオンライン英会話を実践できます。

英会話はやはり自主トレだけでは上達しませんから。自分で実際に学んだフレーズを使って相手と話すことで英会話能力が飛躍的にアップします。

また、本番の英会話の日があるということで、他の日でも気を抜かずにまじめに取り組むことになるのもこれのメリットと言えます。

アルクの「キクタン」がベース

トーキングマラソンのベースとなっているのは、「キクタン英会話」。書店で見かけたことあるよって人も多いのではないでしょうか。

本屋さんでもずらっとキクタンシリーズが並んでいるのを見かけるのではないですか?

海外ドラマや映画、そして英語の本場、アメリカで販売されている英語教材をもとによく使う表現を抽出しています。

そのために実用的な英会話能力が身に付くようになっています。

6秒以内に答えて瞬発力を鍛える

トーキングマラソンが重視しているのは、「瞬発力」です。

6秒で使いたい表現が「パッと」出てくるようになったら実際の会話もスムーズにできるので、合格ということですね。

2週間の無料お試し期間あり

トーキングマラソンにはお試し期間が2週間設定されていて、この間に解約すれば一切お金がかかりません。

10日くらい使ってみて自分に合うかどうかを判断すると良いでしょう。

ちなみにお試し期間の解約方法も普通に契約した場合と同じなので下記の「解約方法」を参照してください。

料金と教材の内容

トーキングマラソンの料金は、月額3,980円(税抜き)です。

初月だけは、教材の有無でコースを選べるようになっています。

【教材なしの場合】

  • 2週間無料体験つき
  • 無料期間後ずっと月額3,980円

【教材ありの場合】

  • 初月だけ6,980円
  • 翌月以降ずっと3,980円

教材ありの場合、初月についてくる教材は3種類。

  1. キクタン英会話【基礎編】
  2. キクタン英会話【初級編】
  3. キクタン英会話【発展編】

これらは書店やamazonで買うと1,296円~1,512円するので、購入予定がある人は教材つきセットにした方がお得です。

支払方法はクレジットカードのみ

支払はクレジットカードのみです。対応しているのは以下の6種類。

  • Visa
  • Master Card
  • American Express
  • Diners Club
  • JCB
  • DISCOVER

解約方法

解約はマイページから簡単にできます。メニュー→ヘルプ→マイページ→解約~から実行すれば解約完了です。

ちなみに1か月ごとの契約なので、いつでも解約することができますが、解約月は日割り料金にならないのでなるべく更新日が近くなってから解約した方がオトクです。

口コミ

「教材はいいけど、オンラインではないのに料金が少し高い 」

「 音声認識しない単語があってやる気がそがれる 」

デメリット

文の解説がほとんどない

こちらが言うべき正しい回答は英語と和約は表示されますが、それに関しての解説はないのでその部分は不親切です。

気になるなら辞書などで調べてもいいですが、トーキングマラソンの方針的には丸覚えしてどんどんトレーニングしていった方が効率的でしょう。

やり取りを聞き取るリスニング力が必要

こちらが言うべき表現はテロップが出るのですが、問いかけの文章は画面に表示されません。

そのためある程度のリスニング力を要します。

「聞き取る自信がない!」という人は、教材がセットになったコース(初月だけ追加料金)を購入するのがおすすめ。

手元にテキストがあれば安心ですし、声を出せないところでの復習にも役立ちますね。

機械相手なので柔軟性がない

スマホ相手の学習なので、正解判定される表現は決まっています。なのでちょっと惜しい表現とか、間違えとも言い切れないような表現の判定は正直微妙なものになっていますね。

加えて電車やバスの中での通勤通学途中で声を出しての学習もできないのはある意味デメリットですかね。

申し込みはコチラから⇒気の利いた英語フレーズをマスターしたいなら【トーキングマラソン】まずは2週間無料でお試し!